writer

【初心者必見】Webライターが読みやすい文章を書くために意識するWeb記事のルール7選

【初心者必見】Webライターが読みやすい文章を書くために意識するWeb記事のルール7選

 

Webライターをしているけど、自分で書いた文章が読みづらい

文章を書くのが苦手で、上手に書けるコツを教えてほしい。

 

こんにちは!Webライターのやきおにぎり( @yahionigiri_3)です。

今回は、文章のルール7選をお伝えします。

 

本記事の結論

 

ライティングすると「読みづらい記事になってしまった」と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

初心者のWebライターほど、「ライティングの基本ルール」が守られていないのが原因で、読みづらい文章になっています。

 

そこで今回は、読みやすい文章を書くためのルール7選をお伝えします。

 

この記事を読めば、「初心者」でも、「読みやすい文章」が「すぐ書ける」ようになりますので、実際にやってみてくださいね。

 

Webライターが、読みやすい文章を書くための基本ルール7選

 

「読みやすい文章」を書くためのルールは次のとおりです。

 

 

それぞれ解説します。

 

文章のルール1PREP法を使い結論ファーストで書く

 

最初にお伝えするのは、「PREP法を使い結論ファーストで文章を書く」です。

 

なぜなら、結論から書くことで説得力のある文章になるから

 

PREP法は、以下の頭文字をとった文章テンプレートです。

 

\PREP法/

  • P = Point(結論)
  • R = Reason(理由)
  • E = Example(具体例)
  • P = Point(結論)

 

PREP法はビジネス文章やWebメディアの記事を書くときに、非常に重宝するテンプレートです。

 

PREP法を使った例文

・Point(結論)

Webライターで仕事を受注するにはWordPressでブログを運営しましょう。

 

・Reason(理由)

なぜなら、多くのメディアはWordPressでサイトを運営して、ライターがWordPressを使えると非常に重宝されるからです。

 

・Example(具体例)

具体的には3つのメリットがあります。

 

  • WordPressブログがWebライターの「ポートフォリオ」になる
  • 自分でブログを運営すれば、「クライアントの求めていること」がわかるようになる
  • WordPressに直接入稿まですることで、クライアントの負担を減らせ重宝される

 

・Point(結論)

ですので、ライター未経験の方こそ、仕事を受注するためにWordPressブログを運営しましょう。

 

引用:【Webライターの始め方】未経験の初心者でもできる【副業で月5万稼ぐ】

 

上記のように、PREP法を使えば誰でも説得力のある文章が書けます。

 

基本的に、PREP法で文章を書いていけば間違いないです。

 

文章のルール2一文を短く書く

 

続いて、文章を書く際は「一文を短く書くこと」です。

 

一文が長い文章は、何を伝えたいのかがわかりにくくなりからです。

 

たとえば、以下の例文を確認してください。

 

\例文/

Aの文章

私の仕事はWebライターで、Webライターの仕事はクラウドソーシングで探せ、その中でも初心者はクラウドソーシングワークスやランサーズなど、大手で仕事を探すといいでしょう。

Bの文章

私の仕事はWebライターです。

Webライターの仕事はクラウドソーシングで探せます。

とくに初心者は「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、大手で仕事を探すといいでしょう。

 

Bの例文のほうが、わかりやすくなりましたよね。

 

たしかに、最初の文は何を伝えたいのかよくわからないね。

 

一文を短く分割して、わかりやすくしてみてください。

 

文章のルール33回連続で同じ語尾にしない

 

次に、「3回連続で同じ語尾にしない」ように注意しましょう。

 

同じ文末が3回連続してしまうと、文章が幼稚に見えてしまいます。

 

\例文/

Aの文章

私はWebライターをしています

Webライターの仕事はクラウドソーシングで探します

初心者でも仕事が見つかります

Bの文章

私はWebライターをしています

Webライターの仕事はクラウドソーシングで探すのがおすすめです。

なぜなら、初心者でも仕事が見つかりやすいから

 

幼稚な印象が軽減されたと思いませんか?

 

全然雰囲気が違うね!

 

文末の種類は以下を参考にしてください。

 

\文末のバリエーション/

  • 〜です。
  • 〜します。
  • 〜もの。
  • 〜ですね。
  • 〜しましょう。
  • 〜しません。
  • 〜してみてください。
  • 〜ではないでしょうか?

 

同じ文末が3連続するなら、他の語尾にできないか試してみてください。

 

文章のルール4箇条書きを使う

 

一つの文章の中で、3つ以上伝えたい内容がある場合、箇条書きにすると見やすくなります。

 

\例文/

Aの文章

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトは、「クラウドワークス」と「ランサーズ」と「クラウドテック」の3つです。

Bの文章

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトは

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • クラウドテック

上記の3つです。

 

箇条書きで書くとスッキリしますね。

 

文章のルール5漢字とひらがなのバランスを意識する

 

Web記事を書くときは、「漢字」と「ひらがな」のバランスを意識すると見やすくなります。

 

具体的には、次の割合が見やすいと言われています。

 

\漢字とひらがなのバランス/

  • 漢字:20〜30%
  • ひらがな:70%
  • カタカナ:0〜10%

 

「漢字」が40%を超えると文章に圧迫感がでて、「ひらがな」が70%を超えると幼稚な印象をうけます

 

適切なバランスを意識してくださいね。

 

文章のルール6漢字を「開く」

 

先ほどの「漢字」と「ひらがな」のバランスを調整するとき、漢字を「開く」ことをおすすめします。

 

漢字を「ひらがな」に開くことで読みやすくなるからです。

 

たとえば

 

\例文1/

Aの文章

凄い記事なので、是非読んで見て下さい

Bの文章

すごい記事なので、ぜひ読んでみてください。

 

\例文2/

Aの文章

様々な分野の情報を探し記事に出来ます。

Bの文章

さまざまな分野の情報をリサーチし記事にできます。

 

少し無理やりですけど、上記2つの例文は、漢字を「開く」と見やすさが変わってきませんか?

 

たしかに!見やすさが全然違う!!

 

開く代表的な漢字は以下のとおり。

 

開く漢字 ひらがな
とき
こと
ごと
中々 なかなか
是非 ぜひ
更に さらに
既に すでに
頂く いただく
一旦 いったん
及び および
下さい ください
予め あらかじめ
併せて あわせて
致します いたします

 

ついつい、漢字に変換しがちですが、漢字を開いて見やすくしてみてください。

 

文章のルール7音読をする

 

最後に、文章を書き終わった後は必ず音読しましょう。

 

声に出して読めば、文章のおかしな点に気づけます。

 

誤字脱字も音読すれば防げるね!

 

リズムが悪いと思った箇所や、同じ文末の繰り返しなど、声に出して読まないと気がつけない点があるので、音読は非常に重要です

 

文章を書き終わった後は必ず音読するクセをつけましょう。

 

ボクもブログになると、ついつい忘れがちですけど笑

 

書いた後の「推敲」で文章は読みやすくなる

【初心者必見】Webライターが読みやすい文章を書くために意識するWeb記事のルール7選

 

以上が、Web記事を読みやすくするルールです。

 

大切なのは、文章を書き終わった後、時間をかけて丁寧に「推敲」していくことです

 

声に出しながらチェックしていけば、読みやすい記事になりますので頑張ってください。

 

もう一度、文章のルールをお伝えします。

 

 

ちなみに、読みやすい文章を書くコツとして、多くのWebライターや編集者が使っている、「文章作成アドバイスツール【文賢】」を使うのもおすすめです

 

 

文賢は下書きが終わった後の「推敲」を瞬時にして、文章のフィードバックまでしてくれる、有料の文章アドバイスツールです。

 

\文賢でできること/

  • わかりやすい文章を書けるようになる
  • 3回続く文末表現をチェックしてくれる
  • 冗長表現をチェックしてくれる
  • 助詞の連続使用をチェックしてくれる
  • 開く漢字・閉じる漢字を教えてくれる
  • 音声読み上げしてくれる
  • 校閲・推敲が非常に早く、改善案が瞬時に提案される
  • アドバイスや例文が表示されるので自分の言葉の引き出しが増える

 

まだ沢山の機能がありますが、ぼくもクライアントに納品する前に必ず文賢でチェックしていて、今や手放せないツールになっています。

 

文賢は、多くのWebライターが使っており、以下の記事で詳細にレビューをしているのでチェックしてみてください。

 

>> 【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

 

\あなたの文章をワンランク上へ/

※クライアントに喜ばれる文章支援ツール

 

 

-writer
-,

© 2021 やきろぐ