blog

【保存版】WordPressインストール後にする初期設定は8項目でOK【初心者でも簡単】

【初心者でも簡単】WordPressインストール後にする初期設定はこの7つでOK

 

WordPressをインストールした後はどうすればいいの?

WordPressですべき初期設定を教えてほしい。

 

こんな悩みに答えます。

 

この記事の結論 ▼リンクで飛べます▼

 

この記事を見てる方は”WordPressのインストール”が終わり、管理画面にアクセスできた方だと思います。

 

おめでとうございます!

 

WordPressをインストールしたら早く記事を書いて、いろんな人に見てもらいたいですよね?

 

ただ、インストールした後に必ずやってほしい初期設定があります。

 

新しいスマホを買っても最初にデータ引き継ぎやアプリをダウンロードしたり初期設定しますよね?

 

今回は、最初に必要なWordPressの初期設定を図解でわかりやすく紹介しているので、この記事の通りに進めればOKです

 

最後までみて初期設定を終わらせてくださいね。

 

WordPressをまだインストールされてない方は、先にこちらからどうぞ

>> 【たった10分】XserverのクイックスタートでWordPressブログの始め方【超簡単】

 

最初にすべきWordPressの8項目の初期設定

【初心者でも簡単】WordPressインストール後にする初期設定はこの7つでOK

 

WordPressをインストールした後の初期設定って、何をすればいいの?

 

初期設定でやるべき項目は全部で8つです。

 

 

以上の項目をみると「大丈夫かな?」と不安になるかもしれませんが、画像や説明どおりに進めれば簡単に設定できるので、安心してください

 

WordPressの一般設定でサイトタイトルを決める

 

一般設定からやっていきましょう。

 

一般設定でやること

・キャッチフレーズの削除

・サイトURLのSSL化設定

・メールアドレスの登録

 

エックスサーバーの”WordPressクイックスタート”で始めるている場合は、『キャッチフレーズの削除』だけで問題ありません

クイックスタートの段階で『サイトURLのSSL化設定』と『メールアドレスの登録』がすでに設定完了しています。

 

WordPressインストール後にする初期設定 一般設定 

 

WordPressの管理画面から『設定』→『一般』をクリックします。

 

サイトのタイトルの設定とキャッチフレーズの削除

WordPressインストール後にする初期設定 一般設定 サイトのタイトル キャッチフレーズ

 

『サイトのタイトル』はWordPressを始めるときに決めてるので表示されてますが、名前を変える場合はいつでも変更できます。

 

『キャッチフレーズ』はSEOの観点から影響がでるため削除しましょう。


WordPressインストール後にする初期設定 一般設定 サイトのタイトル キャッチフレーズ

 

操作が終わったら忘れないように『変更を保存』をクリックしてください。

 

WordPressクイックスタートの場合はこちらから次の設定に移動してください。

 

サイトURLのSSL化設定

 

エックスサーバーの”WordPressクイックスタート”で始めている場合は、すでに設定済みのため不要です

 

サーバー上でSSL設定が出来てる場合限定です。

エックスサーバー以外の場合は、先にあなたのお使いのサーバーでSSL証明が発行されてるか確認してください。

 

WordPressインストール後にする初期設定 一般設定 SSL設定

 

WordPress『 アドレス (URL)』と『サイトアドレス (URL)』を「http」から「https」に変更します。

 

サーバーでSSL証明がある場合は、暗号化され「https」でのアクセスが可能になります。

 

「https」は「http」通信を暗号化しセキュリティ強化したものです。

 

メールアドレスの登録

 

エックスサーバーの”WordPressクイックスタート”で始めている場合は、すでに設定済みのため不要です

 

WordPressインストール後にする初期設定 一般設定 管理者アドレス

 

WordPressに届くメールや、WordPressからのお知らせ、コメントの受信などに使われます。

 

入力されてる場合は不要ですが、空白の場合はアドレスを設定してください。

 

WordPressのディスカッション設定でコメント設定をする

 

続いては、ディスカッション設定です。

 

ディスカッション設定でやること

・自分宛てのメール通知

・チェクコメント表示設定

 

それぞれ設定します。

 

初心者でも簡単 WordPressインストール後にする初期設定 ディスカッション設定

 

設定』→『ディスカッション』をクリック。

 

自分宛てのメール通知

初心者でも簡単 WordPressインストール後にする初期設定 自分宛てのメール通知

 

両方ともチェックを入れます。

 

コメント表示条件

初心者でも簡単 WordPressインストール後にする初期設定 コメント表示条件

 

スパムコメントや迷惑なコメントがないか、ブログに表示される前に確認できるように『コメントの手動承認を必須にする』チェックをいれます。

 

操作が終わったら『変更を保存』をクリックしてください。

 

WordPressのパーマリンク設定で「投稿名」にする

 

続いてはパーマリンク設定をします。

 

パーマリンクとは

サイトのドメインの最後のURLの部分です。

最初の設定は『基本』となり、当ブログであれば

「http://yakionigiri/?p=123」となり赤く表示されてる箇所『?p=123』がパーマリンとなります。

 

パーマリンクは好みで問題ないですが、おすすめは『投稿名』です。

 

なぜならば、GoogleがURLに関して詳細を発表しています。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

 

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

 

http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

引用:Google上級者向けSEO

 

Googleがシンプルでキーワードを入れたパーマリンクを推奨しているんですね

 

パーマリンクを日本語にすると、SNSでシェアしたときに文字化けして意味不明な長いURLになるので、避けたほうがいいでしょう。

 

初心者でも簡単 WordPressインストール後にする初期設定 パーマリンク設定

 

設定』→『パーマリンク設定』をクリック。


初心者でも簡単 WordPressインストール後にする初期設定 パーマリンク設定 カスタム構造

 

パーマリンクの設定で左側の『カスタム構造』にチェックを入れて『%postname%』で設定しましょう。

 

操作が終わったら『変更を保存』をクリックしてください。

 

テーマを導入してWordPressブログをカスタマイズする

引用:AFFINGER

 

続いてはテーマの導入です。

 

サイトの顔ともいえるデザインは、テーマがすべて。

 

テーマは有料と無料がありますが、WordPress初心者の方こそ有料テーマをおすすめします

 

有料テーマは、機能が充実していてサイト構築がとにかく楽ですし、デザインが洗練されてるからです。

 

また、足りない箇所を有料テーマが補ってくれるので、最初の設定にかかる時間を短縮できます。

 

ぼくは以前無料テーマを使っていて、慣れてきたので有料テーマに移しました。

 

ただデータ移行で記事のデザインが崩れて、冗談じゃなく一週間以上メンテナンスに時間を取られ、その間はほぼ何もできませんでした……

 

そうなると最初から有料テーマを使ったほうがいいです

 

おすすめテーマとしては、使いやすさ、価格からAFFINGER5を推薦しています。

迷ったらAFFINGER5で間違いないです。(当ブログも使用しています)

 

のちほど、テーマについてまとめて紹介しますね。

 

プラグインを導入してWordPressを使いやすくする

 

プラグインはスマホのアプリのようなものでWordPressをより便利にしてくれる拡張機能です。

 

テーマや記事を書くときに便利にしてくるプラグインなど非常にさまざまな種類があります。

 

ただし、入れすぎると重くなってしまったり、セキュリティに問題が出てくるので数を増やしすぎないようにしましょう。

有料テーマを導入すれば、プラグインに頼らなくても使える機能がたくさんあるのでテーマによってプラグインを厳選してみてください。

 

>> 【入れすぎ注意】WordPressの本当におすすめプラグイン厳選7選【作業効率UP】

 

ASPに登録をする

 

WordPress内部の設定が終わったら次は、ASPに登録です。

 

ASPとは

アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略で、アフィリエイトをするための広告を橋渡しをしている会社です。

 

WordPressブログを開設した後に、ブログに広告を表示させるために必要なのがASPです。

 

実際に、自分の始めるジャンルの広告があるかを探してみましょう。

 

ASPの登録は通常ブログの審査がありますが、今回は審査がなく初めてでも安心して利用できる、おすすめの会社を紹介します

 

  • A8.net
    ASPといったら「A8」と誰もが名前をあげる国内最大手の会社です。一番に登録される会社。
  • もしもアフィリエイト
    Amazonや楽天、Yahooの物販を簡単にまとめてくれる便利なリンクを提供している大手会社。

 

両社とも無料で、基本の案件はこの2社で集約しているほど豊富に揃っています。

 

他にもおすすめのASPはありますが、まずはマストでこの2社を登録しておきましょう。

 

おすすめのASPは、下の記事で詳しくまとめています。

>> 【2021年版】アフィリエイトで登録必須のおすすめASPは5社だけでOK

 

Googleのアナリティクス(GA4)を導入する

 

アナリティクスはブログのアクセス数や、どのページが現在見られてるかを解析できるGoogleの無料のアクセス解析ツールです。

 

ブログでよく一ヶ月の報告をブロガーさんがされてますが、報告の数字はアナリティクスから調べてます。

 

WordPressのインストールしてからのアクセス数、SNS経由の流入などもわかるので最初に導入しましょう。

 

アナリティクスの設定する手順はこちらでまとめています。

>> 【2021年版】Analytics (アナリティクス)4の初期設定を画像つきで解説【GA4】

 

Googleのサーチコンソール導入定する

 

サーチコンソールは、ユーザーのサイトにたどり着く前のキーワードを確認できたり、サイトのクリック数などを解析できるツールです。

 

ブログが検索意図とマッチしているかのチェックや、記事の登録リクエスト、サイトの順位変動などのデータが確認できます。

 

こちらもアナリティクス同様に導入しましょう。

 

サーチコンソールの詳しい導入手順は、下記の記事で詳しく解説しています。

>> 【Xserver】Search Console(サーチコンソール)の初期設定と登録方法

 

WordPressの準備が整ったら『記事』を書こう

【初心者でも簡単】WordPressインストール後にする初期設定はこの7つでOK

 

WordPressの初期設定できたよ〜。

 

各種設定のリンクを貼っているのでブックマークに保存して、わからなければ見返してみてくださいね

 

以上の7つの設定が終わったなら、いよいよ記事を書いてみましょう。

 

webライターの方は仕事につなげるためのポートフォリオに、そして自分のメディアとして大切に育ててみてください。

 

関連記事【保存版】記事がうまく書けない原因は構成を作っていないから。文章を上手に書く記事構成の作り方

 

関連記事【本当に大事なのはこの7冊】Webライターの文書力・ライティング勉強に役立つ本を厳選紹介

 

-blog
-,

© 2021 やきろぐ