blog

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

自分のドメインが「http」「https」両方アクセスできるんだけど、何で?

「http」でアクセスすると「保護されていない通信」と表示されるけど、どうすればいいの?

「https」だけを表示されるようにしたい。

 

こんにちは!Webライターのやきおにぎり( @yahionigiri_3)です。

今回は、常時SSL化についてお答えます。

 

本記事の結論

 

自分のドメインを「https」で表示したいのに「http」もアクセスできてしまう、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

そのお悩み、常時SSL化をすることで解決します

 

今回は、「http」でアクセスしても「https」に自動的に転送(リダイレクト)させる方法をお伝えします。

 

ページ全体をhttps化(常時SSL化)してあげると、「保護されていない通信」も表示されなくなるので、訪れるユーザーに安心感を与えれますよ。

 

この記事を読めば、はじめてWordPressを立ち上げたばかりの方でも簡単にリダイレクトできますので、マネしてやってみてくださいね。

 

まだmixhostでWordPressを立ち上げていない場合は、先にこちらの記事からお読みください。

>> 【5分でできる】mixhostの「WordPressクイックスタート」でブログを始める方法

 

そもそも「http」と「https」ってなに?

 

「http」と「https」の違いはSSL化しているかどうかです。

 

SSL化とは

 

SSL化とは、インターネット上の通信を暗号化する技術のことです。

 

SSL化されたサイトは、先頭のURLが「https」となり鍵マークが表示されます。

 

 

逆に、SSL化されていないサイトは、先頭のURLが「http」となり「保護されていない通信」と表示される原因となります。

 

 

Googleはセキュリティを強化しているので、SSL化していないURLは警告を表示しているわけです。

 

mixhostでWordPressを立ち上げた場合、自動的にSSL証明がインストールされるので、httpsでアクセスが可能です。

 

「http」を「https」にリダイレクトして常時SSL化する

 

SSL証明書をインストールすると、2種類のURLが存在している状態になります。

 

\2種類のドメインが存在/

  • 通常のドメイン
    http://○○〜
  • SSL化されたドメイン
    https://○○〜

 

SSL証明書がインストールされているので「https」だけ表示されればいいんだけど、問題は通常の「http」も残っているんだよね。

 

そうなんだよ。両方アクセスできる状態なんだけど、どうすればいいの?

 

その場合は、サイト全体をSSL化(常時SSL化)させればOK。

 

「http」でアクセスしてくるユーザーを「https」に転送(リダイレクト)してあげれば、常時SSL化でき、「保護されていない通信」も表示されなくなります。

 

今回は、転送(リダイレクト)する方法を簡単にお伝えします。

 

「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

常時SSL化する方法を教えて!

 

ブログを常時SSL化させる方法は、2種類あります。

 

 

どちらでも好きな方法を選んでください。

 

「.htaccess」ファイルにコードを書き込む方法

 

最初に、mixhostの「cPanel」にログインをします。

 

以下のリンクよりmixhostのマイページにログインしてください。

 

>> マイページはこちら

 

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

ログインしたら、「有効なサービス」の下の矢印部分をクリック。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

左側の「アクション」の欄にある『cPanelにログイン』をクリック。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

「ユーザー名」と「パスワード」を入力し『ログイン』をクリックして進みます。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

cPanelを開いたら、「ファイル」から『ファイルマネージャー』をクリックします。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

ファイルマネージャーを開いたら、画面右上にある『設定』をクリック。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

画面下の2つのチェック項目にレ点を入れて『Save』をクリック。

 

\チェックを入れる項目/

  • 非表示のファイルの表示(dotfiles)
  • 文字エンコードの検証ダイアログを無効にする

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

続いて、『Public_html』をクリック。

 

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

画面右側の項目の『.htaccess』をダブルクリックでダウンロードします。

 

今からこのファイルを直接編集するため、念の為『.htaccess』の左側にあるファイルのマークをダブルクリックして、ダウンロードしておきましょう。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

.htaccess』を右クリック(Macは2本指でタップ)して、『Edit』をクリック。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

画面上記の、コード画面が表示されます。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

一番上の空白部分、「# BEGIN WordPress」の上に、次のコードをコピペして入力していきます。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

 

コードを編集するため、操作は慎重にしましょう。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

上記のように、一番上に貼り付けましょう。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

貼り付けをしたら、画面右上の『変更の保存』をクリック。

 

以上で終了です。

 

プラグインを使う方法

 

続いて、プラグインを使う方法を紹介します。

 

ファイルマネージャーを操作するのが不安であれば『Really Simple SSL』を使うのが簡単です。

 

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

WordPressの管理画面を開き、『プラグイン』→『新規追加』をクリック。


 

画面右上の検索バーに『Really Simple SSL』と入力しEnterKeyをタップ。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

Really Simple SSLが表示されるので、『今すぐインストール』をクリック。

 

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

インストールが完了したら『有効化』をクリックしてください。


【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

「SSLに移行する準備がほぼ完了しました。」と表示されるので『はい、SSLを有効化します。』をクリック。

 

以上で設定は完了です。

 

OKできたよ!

 

常時SSL化されているか確認

 

先ほどの操作で「http」から「https」にリダイレクトするか確認してみましょう。

 

ブラウザのアドレスバーに「http://あなたのドメイン」を入力します。

 

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

「http」の「保護されていない通信」から、SSL化された鍵のマークにリダイレクトされているはずです。

 

なってるなってる!

 

常時SSL化はWordPressブログを運営しているなら必須

【mixhost】自分のドメインを「http」→「https」にリダイレクト(常時SSL化)する方法

 

ブログのコンテンツ内容を充実させても「http」の「保護されていない通信」と表示されると、ユーザーが不安になってしまいます。

 

常時SSL化は早めに設定しておいてくださいね。

 

参考記事【初心者でも簡単】WordPressインストール後にする初期設定はこの8項目でOK

 

 

-blog
-, , ,

© 2021 やきろぐ