blog

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法を解説

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法を解説

 

GA4じゃなくて、旧バージョンのAnalyticsに戻したい。

新型のアナリティクスが使いづらいから、前のバージョンを使いたいんだけど……

 

こんな悩みを解消します。

 

本記事の結論

 

新型のGoogle Analytics 4(通称GA4)が前に比べると大幅に操作性が変わってしまい「使いづらい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

僕も実際に全然変わったしまったアナリティクスが全然わかりませんでした(笑)

そこで慣れ親しんでいる旧バージョンで利用できないか探してみましたのでシェアします。

 

今回は、新型のGA4から旧バージョンのアナリティクスに戻す方法をお伝えします

 

この記事を読めば、新型のGA4も使えつつ、慣れ親しんだ旧バージョンが利用できるようになりますので試してみてくださいね。

 

ちなにみ、新しいGA4の設定方法はこちらの記事で紹介しています。

 

>> 【2021年版】Analytics (アナリティクス)4の初期設定を画像つきで解説【GA4】

 

Google Analytics 4(GA4)から旧バージョンのアナリティクスに戻す方法

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法を解説

 

旧バージョンのアナリティクスに戻す方法ってどうすればいいの?

 

今から紹介するね。

 

厳密には、ダウングレードはなくて、ユニバーサルアナリティクス(旧バージョン)を新規作成することになります。

 

旧バージョンのアナリティクスの新規作成する

 

下のリンクからアナリティクスにログインしましょう。

 

>> Google Analyticsを開く

 

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

アナリティクスを開いたら、画面左下の『管理』をクリックします。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

管理画面が表示されたら、右上の『プロパティを作成』をクリック。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

プロパティの作成画面が表示されるので、必要項目を入力します。

  1. プロパティ名
    なんでもOK
  2. レポートのタイムゾーン
    日本を選択
  3. 通貨
    日本円を選択

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

入力が終わったら『詳細オプションを表示』をクリック。


 

「ユニバーサルアナリティクスのプロパティの作成」画面が表示されるので右側の矢印をクリックして有効にします。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

「ウェブサイトのURL」に自分のドメインを入力し、画面下の「ユニバーサルアナリティクスのプロパティのみを作成する」にチェックを入れます。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

入力が終わったら、『次へ』をクリック。

 

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

ビジネス情報が表示されるので、必要事項を入力します。

  1. 業種
    当てはまるものでOK
  2. ビジネスの規模
    当てはまるものでOK
  3. Googleアナリティクスの利用目的
    当てはまるものでOK

 

ビジネスと表示されていますが、個人利用で問題ないので安心してください。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

入力が終わったら『作成』をクリック。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

画面にポップアップが表示されたら『閉じる』をクリック。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

旧アナリティクスのトラッキングIDが表示されれます。

 

自分のWordPressにコードを紐付けていきましょう。

 

コードの紐付け方は、こちらの記事を参照してください。

 

>> 【2021年版】Analytics (アナリティクス)4の初期設定を画像つきで解説【GA4】


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法 ユニバーサルアナリティクスの新規作成

 

WordPressの紐付けが完了すれば、実際に旧アナリティクスの数字がカウントされているか確認してみましょう。

 

リアルタイムレポートに反映されていればOKです。

 

懐かしの画面に戻ったね!

 

以上で、旧バージョンのアナリティクスの設定は完了です。

 

新型と旧型のアナリティクスを切り替える方法

 

旧バージョンは見れたんだんけど、GA4に戻す場合ってどうすればいいの?

 

めっちゃ簡単にできるよ!

 

GA4と旧アナリティクスの切り替え操作

 

旧バージョンのアナリティクスとGA4の切り替え方法を説明します。

 

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクの切り替え方法

 

旧アナリティクスの画面左上の『すべてのウェブサイトのデータ』をクリックします。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクの切り替え方法

 

「プロパティとアプリ」の欄に、GA4のプロパティがあるのでクリック。


【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクの切り替え方法

 

元のGA4の画面に戻りました。

 

以上が、GA4と旧アナリティクスの切り替えの操作です。

 

めっちゃ簡単〜。

 

必要に応じて使いわけていくといいよね。

 

GA4から旧バージョンに切り替えも同じ操作で大丈夫です。

 

旧バージョンのAnalyticsを利用しつつもGA4に慣れていこう

【Google Analytics4(GA4)】を旧バージョンのアナリティクスに戻す方法を解説

 

旧バージョンのアナリティクスが利用できるようになりました。

 

ただ、今後Googleは新型のGA4をメインで各種サービスと連携していくようになります。

 

旧バージョンを上手に使いながらGA4の扱い方に慣れていたいですね。

 

関連記事【保存版】WordPressインストール後にする初期設定は8項目でOK【初心者でも簡単】

 

関連記事【知らないと損】無料で利用できるヒートマップはMicrosoftのClarity(クラリティ)一択

 

-blog
-, ,

© 2021 やきろぐ