writer

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

 

文賢って正直めちゃくちゃ気になるんだけど、お金かかるから導入するの迷っている。

文賢を詳しく知りたいから正直な感想や口コミがほしい。

初期費用が高いから失敗して後悔したくないんだけど……。

 

こんな悩みに答えます。

 

本記事の結論

 

多くのWebメディア編集者やライターが使っている文賢。

 

正直、初期費用がかかるし文賢ってどうなんだろ?お金かけてまで導入する価値あるのかな?」と悩んでいませんか?

 

僕も最初は、まったく同じで悩みまくりました。

(1万の初期費用に毎月2千円か……気になるけど失敗したくないなぁ)

 

僕はWebライターをしていますが、新聞社や出版社に勤めていた専門家でもないですし、校正・校閲をやっていた経験もありません

 

さんざん迷いながらも、自分の文章をスキルアップさせたかったので、覚悟を決めて文賢を導入しました。

 

結論、導入して良かったです

 

ただ、不満な点もあります。

 

そこで今回は、導入を迷われている方に向けて、文賢のリアルな感想をお届けします。

 

前半は「文賢の正直な感想やレビュー」後半は「文賢の使い方に導入の方法」を説明するね。

 

価格だけ見れば、ぶっちゃけ高いですよね?

 

ただ、個人的にもっと早く導入しておけばよかったと思いましたし、費用分は余裕で回収できました

 

この記事を読めば、文賢の「メリット」だけでなく「デメリット」もしっかりとお伝えしていますので、文賢が気になる方は、ぜひ最後まで見て判断してみてくださいね。

 

\文賢の公式サイトはこちら/

※クライアントに喜ばれる文章支援ツール

 

結論:文賢(ぶんけん)は新聞社や出版社で勤めた経験が”ない”なら導入すべき

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

最初に結論から言いますが、あなたが新聞社や出版社に勤めた経験が”ない”なら、『文賢』はオススメのツールです

 

誤字脱字のチェック精度が低い

 

ただ、正直な気持ちをぶっちゃけると、校正機能を期待しすぎてしまい、思ったほどではありませんでした。

 

初期費用が1万円かかりますし、自分の中で期待値が高すぎました。

僕は恥ずかしながら「誤字脱字」が多く、校正機能を重要視していたからです。

 

文賢の万能ではありません(公式のホームページにも書かれています。)

 

校正ツールとして誤字脱字をすべて見つけてくれる訳でもないですし、文章が劇的に向上する訳でもありません。

 

それでも、文賢の導入をして良かったです

 

なぜなら、校閲、推敲支援が非常に優れているから

 

文賢は優秀なアドバイスツールであり今や欠かせない

 

文賢は『校閲・推敲』サポートが非常に優れていて、Webディレクターや編集者に変わって文章のフィードバック(添削)をしてくれます。

 

自分では気がつかないクセや、言い回し、冗長表現を文賢が教えてくれるんですよね。

 

ほんの一部ですが、文賢が教えてくれる内容です。

冗長な表現

「〜することができる」は「〜できる」とした方が簡潔になることがあります。

同じ助詞の連続使用 同じ助詞を連続使用しています。

不自然でないか、念のため確認してみましょう。

話し言葉・砕けた言葉

「使ってない」は「使っていない」のい抜き言葉です。問題ないか確認したほうがよいかもしれません。

ひらがなで書くほうがよい言葉

「さまざま」とひらがなで書くほうがよいかもしれません。

 

文賢は、文章を公平にチェックし、上記のように改善案を提示します

 

文章が上手になるコツに、自分の文章を第三者に指摘、添削してもらう方法があります。

 

まさに、文賢は今まで丁寧なフィードバックを貰ったことがない方、いつも校閲に時間がかかる方、自分の文章に不安を抱えている方赤ペン先生

 

ですので、文賢を導入して自分の文章のスキルアップに非常に約に立ちました

 

文賢先生に指摘されていくと、徐々に自分のクセが修正されていくからね。

 

また、文賢は「JTB」や「KDDI」などの、有名企業のWebメディア担当者や、専属ライターが使うなど実績があります。

 

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

文賢のポイント

  • わかりやすい文章を書けるようになる
  • 校閲・推敲が非常に早く、改善案が瞬時に提案される
  • アドバイスや例文が表示されるので自分の言葉の引き出しが増える

 

多くのWebディレクターや、編集者がオススメしているのも納得だね。

 

 

 

 

優秀なディレクターや編集者も文賢を使ってフィードバックをしているのですから、ライターが使うと編集者やクライアントに喜ばれるのは当然かもしれませんね。

 

文賢が素早く修正ポイントを見つけてくれるので時間的な余裕がめっちゃでました

 

とくに、校閲や推敲に時間がかかっていた方は、ものの5秒くらいで文章全体の指摘、改善案を提示してくれるので非常に楽ですよ。

 

\文賢を使ってみる/

※クライアントに喜ばれる文章支援ツール

 

ただし、新聞社や出版社に現役で勤めていた方は、校正・校閲のプロなので、わざわざ有料の文賢を使うメリットは薄いでしょう。

 

完璧に誤字脱字をチェックできる訳ではないので。

 

文賢をオススメしない人

  • 新聞社や出版社に勤めた経験がある方
  • 記者ハンドブックを常に活用している方
  • 校正・校閲を仕事にしている方

 

上記に当てはまる方は、文賢を使うメリットが少ないです。

 

新聞社や出版社のプロほどの指摘はできないですし、誤字脱字を結構見逃します。

 

しかし、プロの経験がない方は、文賢が多くの作業を補ってくれるでしょう。

 

文賢をオススメする人

  • 校閲・推敲に時間がかかる方
  • 記者やライターの経験がない方
  • 未経験からWebライターを始めた方
  • 文章を上達したいと思う方
  • 多くの外注ライターを雇っているWebメディアの編集者やディレクター
  • 今まで発信活動をしたことがない企業広報の方

 

上記に一つ以上当てはまる方は、費用以上の価値があります

 

\文賢を使ってみる/

※すべての人の文章にアドバイス

 

文賢(ぶんけん)とは?校正・推敲・文章の支援ツール

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

文賢は、SEOで有名な「株式会社ウェブライダー」が提供しているサービスです。

 

独自に研究を続けた「100を超える視点」を用いて、文章をチェックする、文章作成アドバイスツール。

 

面倒な推敲・校閲をチェックし、より良い文章を書くための改善点を提案してくれます。

 

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

文賢でできること

  • 読みやさのチェック
  • わかりやすさのチェック
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用チェック
  • 誤字・脱字のチェック
  • 環境別の見え方のチェック

 

まだまだありますが、自分の書いた文章を、ワンランク上の文章にするための支援ツールです。

 

文賢の料金

 

文賢の料金っていくらなの?

 

文賢の料金は以下の通りだよ

 

文賢の料金は、月額費用と別に初期費用が発生します。

 

初期費用 月額費用
10,000円(税込11,000円) 1,980円(税込2,178円)

 

初期費用が高いね!

 

そうなんだよ。初期費用が二の足を踏んでしまようね。

 

初期費用で導入をためらっている方は多いと思います。

 

僕もその一人でしたが、今では費用以上の価値があり、重宝しています。

 

文賢(ぶんけん)のレビュー、メリット・デメリット

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

 

本音の文賢のメリットとデメリットをお伝えします。

 

文賢のデメリット

 

文賢のデメリットです。

 

気になっている方が多いと思いますので正直に書きます

 

文賢のデメリット

初期費用が高い

誤字脱字の指摘が弱い

文賢のねじれの指摘が弱い

「文章表現」が微妙

買い切りではない

 

以上が文賢を使ってみて感じたデメリットです。

 

誤字脱字を見つける校正機能の精度は低く、改善の余地があります。

 

また、文章のねじれのチェックなどは、まだまだ文賢だけでチェックするのは難しいです。

 

ただ、文賢は常にアップデートをしているので、これからに期待します。

 

ちなみに「文章表現」があてにならない場合が多いってどういうこと?

 

たとえ・あるあるの例で

ピッコロ大魔王を封印しようと魔封波を特訓していた天津飯が、闘いの直前に電子ジャーのヒビ割れを見つけたときのような絶望感

って見つけたとき、何これ? って笑ったよ。

 

文賢のメリット

 

文賢のメリットは以下の通り。

 

文賢のメリット

費用を余裕でペイできるほど校閲・推敲が楽

修正箇所を指摘し、修正案があるので、どのように改善したらいいか分かる

自分の文章のクセや知らずに使っている誤用が分かる

Webメディアや編集者も多く使っているので、FBの戻りが少なくなる

複数の自分ルールを登録できるので、クライアント毎のレギュレーションに対応できる

文賢がないと納品できない

 

よく使いがちな「冗長な表現」や「同じ助詞の連続使用」、「ひらく漢字や閉じる漢字」をピンポイントに指摘してくれるのが、めちゃくちゃ便利です

 

最後は個人的な思いになりましたが、もう文賢がない生活には戻れません。

 

文賢(ぶんけん)の文章支援サービス一覧

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

 

文賢どんなことができるの?

 

使えるサービスを紹介するね。

 

文賢の基本機能

 

文賢(ぶんけん)機能一覧

引用:文賢

 

文賢はシンプルなデザインで直感的に操作でき、左側にメニューが揃っています。

 

  • 文章表現
  • 校閲支援
  • 推敲支援
  • アドバイス
  • 音声読み上げ
  • 印刷
  • コピー

 

文賢の機能で、とくに利用するのは校閲支援」「推敲支援」と「音声読み上げだよ。

 

なるほど! デザインが分かりやすくて使いやすそうだね。

 

文賢(ぶんけん)機能一覧

引用:文賢

 

画面の上部は、

  • 文字数
  • 漢字の使用率
  • 表示幅
  • 明朝モード

 

が確認できます。

 

実際の文賢の機能を見せて!

 

文章表現の使い方

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 メリット

引用:文賢

 

文賢の赤い印の部分に推敲前の文章をペーストします。


引用:文賢

 

「文章表現」で、黄色の項目が複数ヒットしたので『始め』をクリックしてみます。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 文章表現

引用:文賢

 

画面右側に「オープニング」や「開拓する」などの「始める」の言い回しや類義語が表示されました。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 文章表現

引用:文賢

 

画面をスクロールすると、さらに別の言い回しがヒットします。

 

文章表現の機能は参考になる、ならないがハッキリ分かれます。

 

そうだね。中には小説に出てきそうな表現もあるしね笑。

 

校閲支援機能の使い方

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 校閲支援機能

引用:文賢

 

続いて『校閲支援』をクリックすると、画面右側にチェックポイントが表示されました。

 

さっそく指摘がいくつか入っているので詳細を見ていきます。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 校閲支援機能

引用:文賢

 

右側に表示された指摘ポイントをクリックすると、該当箇所に移動し代替案を表示してくれます。

 

「少し」の砕けた表現または話し言葉です。問題ないか確認したほうがよいかもしれません。

「ちょっと」を書き言葉として使用する場合は、「少し」と言い換えたほうがよいかもしれません。

 

文章の中で、話し言葉である「ちょっと」と記入した箇所を「少し」に変更したほうがいいと、文賢がアドバイスをしてくれます。

 

すごい!話し言葉を拾ってくれるの?

 

そうなんだよ!指摘だけでなく、修正後の言葉も教えてくれるのが便利だよね。

 


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 校閲支援機能

引用:文賢

 

次も同様にクリックすると、該当箇所に移動し指摘してくれます。

 

「使ってない」は「使っていない」のい抜き言葉です。問題がないか確認したほうがよいかもしれません。

 

この箇所は、文中に「い」抜き言葉を使っており、文賢が確認しアドバイスをしてくれています。

 

おー! 本当に便利だね。

 

すべての誤字脱字をチェックする訳じゃないけど、すごいよね。

 

こやって指摘されると自分の文章のクセが分かるね!

 

そうなんだよ。僕はとくに「い」抜き言葉が多くて、文賢先生に叱られているよ笑。

 

校閲でチェックしてくる機能

  • 誤った敬語
  • 誤用しやすい言葉
  • 話し言葉。砕けた言葉
  • 誤った敬語などets……

 

長文になればなるほど、自分で確認するための時間と手間を、文賢が変わりにチェックしてくれるので、校閲が非常に楽になります

 

推敲支援機能の使い方

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 推敲支援機能

引用:文賢

 

左側の『推敲支援』をクリックすると、校閲と同じように推敲チェックしてくれます。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 推敲支援機能

引用:文賢

 

「1」の数字をクリックすると、該当箇所に移動し、フィードバックを表示してくれます。

 

「接続詞」をハイライト表示しています。

 

接続詞の使い方に問題ない場合はそのままでOKです。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 推敲支援機能

引用:文賢

 

他にも、冗長表現を指摘してくれます。

 

「〜ことができる」は冗長になりやすい表現です。

明確な表現にするために、あえて使用している場合は問題ありませんが、多様しすぎていないか確認してみましょう。

 

推敲支援も便利だね!

 

推敲支援でチェックしてくる機能

  • ひらく・閉じる言葉
  • 記号の統一
  • 指示語のチェック
  • 同じ助詞の連続使用などets……

 

校閲と同じように、非常にチェックの幅が広いです。

 

正直、この推敲支援がめちゃくちゃ便利です。

 

冗長表現、ひらく漢字、表記ゆれなど、人間が添削してくれているみたいに素晴らしいよね。

 

推敲支援を一度利用すると、Webライターが納品前にすべて文賢でチェックする理由が分かります。

 

それほど便利です。

 

音声読み上げ機能

 

誤字脱字のチェックや、リズムをよくするために活躍する機能が「音声読み上げ」です。

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 音声読み上げ

引用:文賢

 

読み上げしたい箇所をドラッグすれば、画面に『音声読み上げ「開始」』と表示されます。


【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 音声読み上げ

引用:文賢

 

読み上げを停止したときは、いつでも「停止」をクリックすればOK。

 

自分で音読しても気がつかない箇所があったりするよね。

 

そうなんだよ。機械は必ず”キチンと間違えたまま”読み上げてくるから重宝するよね。

 

目視や、音読でも見落としがちな間違い箇所も機械は『正確に間違える』ので発見できます。

 

表示幅の変更

 

文賢は、画面の表示幅を3種類のサイズに変更が可能です。

 

  • スマホ向けサイズ
  • タブレット向けサイズ
  • スマホ向けサイズ

 

ライターはPCで文章を書き、PCでチェックをしますが、読者の7割はスマホで閲覧します。

 

文賢は、校閲や推敲だけでなく、スマホやタブレットのサイズも表示できるので、スマホで見た場合の文章の重なりも確認ができます。

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 表示幅 サイズ変更

引用:文賢

 

画面上部の「表示幅」をクリックすれば、選択画面が表示されます。

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 表示幅 サイズ変更

引用:文賢

 

「スマホ向け」を選択すると

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 表示幅 サイズ変更 スマホ向けサイズ

引用:文賢

 

表示幅がかわり、スマホビューで文章の確認ができるようになりました。

 

PCで閲覧した際に圧迫感がなくても、スマホで見た場合、一文が長いと見づらい印象をうけます。

 

視点を変更してチェックできるのも地味に嬉しい機能ですね。

 

文字数と漢字の使用率

 

【Webライターにおすすめ】文賢レビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】 文字数と漢字の使用率チェック

 

文章を文賢にコピーした段階で、現在の「文字数」と「漢字の使用率」が確認できます。

 

以下が、文章の見やすいバランスです。

漢字:20〜30%

ひらがな:60〜70%

カタカナ:0〜10%

 

漢字の比率が一発で分かるのは便利ですね。

 

納品する文章が多くなればなるほど、文賢に助けられ、多くのライターや編集者が文賢を手放せない理由が分かりました

 

校閲や推敲は、とりあえず文賢にお願いすればいいね!

 

過信は禁物だけど、控えめに言ってマジで助かるツール。

 

文賢(ぶんけん)の登録から導入方法

【Webライターにおすすめ】文賢ってどうなの?本音でレビュー【推敲・校閲・文章支援ツール】

 

文賢を導入するにはどうすればいいの?

 

文賢は「ライダーストア」で購入するんだよ。やり方を紹介するね。

 

文賢の導入は大まかに3ステップです。

 

登録の流れ

・文賢・ライダーストアの申し込み

・お支払い

・ライダーストアの登録・文賢の初期設定

 

それでは進めていきましょう。

 

文賢のサイトにアクセス

 

以下の文賢の公式サイトにアクセスしてください。

 

>>【文賢】公式サイトへ

 

文賢・ライダーストアの申し込み

 

【Webライターにおすすめ】文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

【文賢】公式サイトへアクセスしたら画面右上の『申し込む』をクリック。


【Webライターにおすすめ】文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】

【Webライターにおすすめ】文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

ライダーストアアカウント」を持っていない場合は「お申し込みフォーム」に必要事項を入力していきます。

  1. メールアドレス
    文賢に登録するアドレスを入力
  2. 名前
    自分の名前を入力
  3. ふりがな
    ふりがなで名前を入力
  4. 電話番号
    固定または携帯の番号を入力
  5. 郵便番号
    自宅の郵便番号を入力
  6. ご住所
    自宅の住所を入力
  7. 会社名
    個人の場合は入力不要
  8. ユーザーライセンス数
    個人の場合は「1」でOK
  9. お支払い方法
    支払い方法を選択(今回はPayPalを選択)
  10. 利用規約
    利用規約を確認しチェック

すべて入力したら『この内容で申し込む』をクリック。


【Webライターにおすすめ】文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】

引用:文賢

 

申し込み内容、料金を確認後『購入する』をクリック。

 

PayPalで支払い

 

PayPalのログインページに移動し購入の手続きに進みます。

 

【Webライターにおすすめ】文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】PayPal決済

引用:PayPal

 

PayPalのメールアドレスとパスワードを入力し『ログイン』をクリックします。

 

もし、PayPalのアカウントをもっていない場合は、3分で終わるのでアカウントを作成しましょう。

 


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】PayPal決済

引用:PayPal

支払い方法が2種類以上ある場合は、選択し『続行』をクリック。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】PayPal決済

引用:PayPal

 

料金が表示されるので、内容確認し『同意して続行』をクリック。

 

ライダーストアの登録・文賢の初期設定

 

文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライダーストア登録

引用:文賢

 

PayPalの画面からライダーストアに移動します。

 

メールが送られているとのことで、先ほど登録したアドレスを確認しましょう。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライダーストア登録

 

【ライダーストア】本登録のお願い』タイトルのメールを開くと、URLがあるのでクリックします。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライダーストア登録

引用:文賢

 

ライダーストアの本登録が完了となりました。

 

続いて、またメールが届いているので確認してください。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライダーストア登録

 

【ライダーストア】本登録が完了しました、お客様マイページへログインしてください』タイトルのメールを開き、『お客様マイページ』のURLをクリックします。

 


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライダーストア登録

引用:文賢

 

ライダーストアへのログイン画面になるので、メールに記載されていたメールアドレスパスワードを入力し『ログイン』してください。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】オーナーログイン

引用:文賢

 

文賢の「オーナーログイン」の画面になるので、先ほどと同様のメールアドレスとパスワードを入力し『ログイン』をクリック。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】オーナーログイン

引用:文賢

 

画面が表示されたら、画面右下の『文賢(オーナーログイン)」をクリック。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

引用:文賢

 

オーナーHOMEが表示されるので、画面左上の『ライセンスのユーザー管理』をクリック。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

引用:文賢

 

画面が移動したら「ライセンスのユーザー管理」を入力していきます。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

引用:文賢

  1. ユーザー名
    ペンネームでも何でもOK
  2. メールアドレス
    文賢にログインするメールアドレスを登録
  3. 割り当てる辞書
    デフォルトのままでOK

上記を入力したら『登録してパスワード設定メールを送信』をクリック。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

 

【文賢】パスワード設定メールが発行されました』タイトルのメールを開き、中のURLをタップ。

 


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

引用:文賢

  1. 新しいパスワード
    『文賢』にログインするパスワードを入力※1
  2. もう一度入力
    同じパスワードを入力

※1 今回のパスワードは「ライダーストア」にログインするパスワードではなく、「文賢」にログインするパスワードですので間違えないように注意してください。


文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ライセンスのユーザー管理登録

引用:文賢ホームページ

 

パスワードを入力したら『設定する』をクリック。


 

文賢の申し込み手順【推敲・校閲・文章支援ツール】ユーザーログイン

引用:文賢

 

  1. メールアドレス
    「ライセンスユーザー管理」で登録したメールアドレスを入力
  2. パスワード
    一つ前に決めたパスワードを入力

上記を入力後、『ログインする』をクリック。


引用:文賢

 

以上で文賢の導入は終了です。

 

文賢、導入して良かったね!

 

そうだね。今や文賢はなくてはならない存在だよ。

 

文賢(ぶんけん)は文章を扱う人の強い味方

 

文賢は、ライターにとって導入して損しない非常に優秀なツールです

 

今や、すべての文章を文賢でチェックし、確認してからクライアントに納品しています。

 

原稿を常に書き続けていると、ヒューマンエラーは必ず発生するもの。

 

ひらく漢字や冗長表現を指摘し、アドバイスしてくれる文賢は、人間が見落としがちな箇所をしっかりと指摘してくれます

 

もちろんすべてが万能な訳ではありませんし、誤字脱字のチェックはもう少し精度が上がってほしいのも事実です。

 

ですが、校閲・推敲の手間を減らせ、時間に余裕ができたのは文賢のおかげです。

 

最後に利用者の声を紹介します。

 

フリーライター

業務で使ってるから分かるけど「文賢」はめっちゃ良い!

校正のレベルが属人的にならないのもおすすめポイントです。

 

Webライター

しかし文賢ちゃんようやく本格的に使ってるけど、もう君なしには生きていけんわ

 

Webライター&編集者

少し前から校正ツールとして文賢を利用しています。これ、、めちゃくちゃ便利です。

クライアントごとに辞書登録しておけば、クライアントごとにNGワードをチェックできる。

あと冗長表現なども指摘してくれるし、音声読み上げもある。などなど。おすすめ。

 

マーケティング担当

日々の情報発信するときに、もう文賢なしのやり方は考えられないかなぁ。

間違いを指摘してくれたり、改善案を出してくれたり、心強いパートナー!

 

文章を扱う仕事をしている人にとって、文賢はクライアントに喜ばれる文章を書くための、強い味方になってくれます

 

文賢を使うことで大幅な時間短縮ができ、文章にも自信がもてるようになるので試してみてくださいね。

 

\文賢の公式サイトはこちら/

※クライアントに喜ばれる文章支援ツール

 

 

-writer
-, ,

© 2021 やきろぐ